Blenderからペーパークラフトを作成する方法

今日はBlenderで作成したモデルをペーパークラフトに書き出してみたくて、あれこれ試行錯誤した内容をご紹介。
ちなみにBlenderでUV展開したモデルをCADでトレースし、以前作成したモデルがこちら。

UV展開だとイマイチ実寸で出てこないので、CADで隣のポリゴン寸法を計測しつつちまちまのり代を作ったのですが、結構めんどくさい。BlenderにはExport-Paper-Model-from-Blenderというアドオンがあるのですが、テクスチャの書き出しがうまくいかなかったので別途研究の予定。あとポリゴンは三角形でないと書き出しができないようなので、四角なポリゴンは分割する手間が必要です。下のリンクはテクスチャの書き出しに成功している方の動画なのでご参考までに。

Blender 3D – Paper Model Export


【今回の手順】

  • Blenderでモデリング、テクスチャ貼り
  • obj形式でエクスポート
  • ペパクラデザイナー(試用版)でobj読み込み、展開、pdf書き出し

ではさっそくモデリングを。手順を減らすためlowpolyを意識してみたものの、1個目に作ったものは複雑すぎて組み立て出来なさそうなことに気づきました(帽子をかぶっている方)。でもって2個目に作成したモデルは極限までポリゴンを減らしたバージョン。

顔はずいぶん四角ですが、ひとまずこれをobj形式でエクスポートします。エクスポートの中にobj形式の書き出しがない場合は、「File」「User Preferences」の「add-ons」から以下の設定を適用してください。虫眼鏡アイコンのファインダーに「obj」と入力すればすぐ見つかります。「Import-Export:Wavefront OBJ format」にチェック、設定を保存して閉じます。エクスポートにobjが追加されているので、保存してBlenderでの作業は終了です。


ちなみに書き出しの際は.objファイルともうひとつ、マテリアルの設定を記載した.mtlファイルが書き出されています。色指定しかしていなければこのままでも大丈夫ですが、textureにimageを適用している場合はパスの書き換えをしないといけない場合があります。いや、たぶんおおむね書き換えないといけないです。

「newmtl ***」と書かれた部分が1マテリアルの設定です。今回はfaceとclothで2枚の画像を使用しているので、それぞれ「newmtl」にfaceとclothの名称を使いました。これはBlenderでテクスチャを適用したときつけた名称がそのまま書き出されます。デフォルトだとMaterial001等の名称が付いていますが、見分けが難しいのでできるだけわかりやすい名称にしておくとグッドです。それぞれのマテリアルの末尾に「map_Kd」の一文を追加して、適用した画像を指定します。今回は「map_Kd cloth.png」と「map_Kd face.png」を使いました。これは同じディレクトリにある場合の記述ですので、ディレクトリが違う場合はパスを合わせるようにしてください。

次はペパクラデザイナー(試用版)を使っていきます。最近MacでもWindowsアプリを動かす手段を見つけたので、今回はMacで書き出しします。Wineskinという仮想Windowsマシンアプリを入れることで今回のペパクラデザイナーは動かすことができますので、ご興味ある方はリンク先でご確認ください。ペパクラデザイナーも以下のリンク先からダウンロードできます。ライセンスキー無しでも試用版として利用できますが、ファイルの保存やベクターデータ等での書き出しに制限があります。


ペパクラデザイナー

WineskinでMacでもWindowsアプリ(東方とか)を動かすまとめ


ペパクラデザイナーをインストールしたら起動します。「File」「Open」で先ほどエクスポートしたobjファイルを開きます。読み込み時にサイズ指定を聞かれますので任意のサイズに指定、mtlファイルのテクスチャ設定をしていればこの時点できちんと読み込まれます。そのまま「Undo Unfold」ボタンをクリックすると、右側のウィンドウに展開図が作成されます。

このままでも十分ですが、思ったように展開されていない場合は手動で切り込み場所を作成することもできます。


上のコマンドボタンの中の「Join/Disjoin faces」ボタンをクリック、右側の展開図の任意の辺にカーソルを合わせると隣り合う辺が赤い矢印とともに表示されます。赤い矢印が出る場合は接合を、緑の線であれば分割が行われます。

同じく、左側のモデルの辺にカーソルを合わせた場合は緑のラインが表示されます。現在くっついている部分はクリックで分割され、離れている面同士は結合されます。分割と接合が終了したら右の展開図を重なりがないようメニューの「2D Menu」「Recalculate Parts Layout」で配置し直します。「File」「Print to PDF」で書き出して完了です。

実際にモデルを組み立ててみました。いい感じに自立するはずが、寝たきりのゴッホになってしまいました。
設定で接合部分に番号も入れられるようですが、オブジェクトが小さく、今回は表面に番号が入ってしまうため番号なしで書き出していますが、よかったらダウンロードできますので組み立ててみてください。

ダウンロード:vincentVanGogh_papercraft sample

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする