格安SIMのFreetelをau版Galaxy S6 edgeでつかってみた

今年のGW、ハリーポッターに会うためUSJへ行ったのですが、テンション上がりすぎてスマホを落とし液晶が割れて早5ヶ月。今まで使っていたUQmobiの1年しばりがとけたので、さらなる格安を求めFreetelに契約変更してきました。ちょっと前に中古で買っていたGalaxy S6 edgeは対応機種一覧に無かったのですが、調べてみるとつかえるっぽい。店頭の店員さんから「責任は持ちません」と念をおされつつMNPで契約しました。私はUQモバイルを使うためau版を買っていたのですが、au機でそのまま使える格安SIMはmineo(マイネオ)やUQ mobileです。S5ではSIMロック解除なしでこちらが利用できていました。

格安SIMのFreetelをau版Galaxy S6 edgeでつかってみた
【事故後、Galaxy S5の悲しい姿】

今回参考にしたのはこのサイト、SIMロック解除済のau版Galaxy S6 edge SCV31を格安SIM運用、私のもau版白ロム機だったのでその手順を。au版はそのままではNTT回線のfreetelは使えませんので、SIMフリー機もしくはSIMロック解除の可能なS6edge以降が今回の対象かと。以下その手順です。

1.Galaxyを買う
S7edgeが出てきたのでネットでもだいぶ安くなってきたS6edgeをチョイス。180日以降たっているものは中古オーナーでも3000円でSIMロックの解除が可能です。こちらのサイトで確認が可能。本体背面か、「設定」「ステータス」「IMEI情報」のIMEIを入力して調べます。

2.SIMロック解除
今回はau版白ロムだったのでauショップにいきました。データが飛ぶやら、バックアップを取れやら聞いていたのですが、実際にはau内での事務処理だけだった模様。IMEIを調べられただけで本体はまったくのノータッチ。現金のみということで3000円を支払いました。

3.端末のSIM状態を更新
私がつまづいたのはここ、店頭でSIM解除をしただけでは新しいSIMを認識できないようで、ちゃんとSIMはささっているのに「無効なSIMカードです。ネットワークがSIMカードをロックしました」というメッセージが。APN設定をしても「MCCのフィールドには3桁で指定してください」や「ユーザープロファイルが制限されています」とエラーメッセージが表示されます。これを解決するために以下の手順をたどってください。

SIMカードを挿入 → 「設定」「端末情報」「ステータス」「SIMカードの状態」「SIMロックの状態」「SIMカードの状態を更新」と進みます。「サービスプロバイダポリシーファイルをダウンロードします」と出ますので、「今すぐダウンロード」をタップ。

4.APNの設定
ここまで済めばSIMを買った際に渡されるマニュアル等のAPNの設定が可能になります。こちらにキャプチャ付きで詳しく説明がありますので設定してください。

以上、格安SIM設定で悩まれた際はお試しください。



コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です