PhotoShopでgifアニメーションを作る

あけましておめでとうござます。好奇心の解消のため、2016年新年もすでにパソコンに向かってます。
今日はBlenderでモデリングをしたものにBoneをあて、アニメーションをつける実験をしていました。なかなか上手くいかないのと、作業が緻密すぎてイライラが募るのとでぜんぜん先に進みません。吐きそうです。

そんなこんなで自力で初めてアニメーションしたのが下のラジオ体操第一です。Youtubeにあげるまでもないので今ばやりのGIFアニメにしてみました。

fitness

上のアニメーションで45フレームあります。30フレームまでならWeb上で結合できるサイトもありますが、ちょっとおおめのフレームになるとアップロードがめんどくさい。というわけでPhotoshopで書き出す方法を試します。

PhotoShopはビデオの読み込みもサポートしています。読み込み可能なファイル形式はこちらで確認(CS6)してください。

では、PhotoShopで動画を読み込みます。ドラッグ&ドロップでもよろし、通常の「ファイル」「開く」で選択してもよろし。
動画を読み込むとタイムラインが表示されます。今回はmovを読み込んでいます。

PhotoShopでgifアニメーションを作る_1

タイムライン動画の右側にある「+」をクリックするとレイヤーが追加されますので、さらに動画を読み込んでつなげる等の編集もできます。編集が済んだら書き出しをしていきます。

画像を書き出すと同様に、「ファイル」「書き出し」「web用に保存」と進みます。書き出しはGIFで、末尾に「アニメーションループオプション」がありますので、「無限」にチェックをします。これで保存すればループアニメーションが作成できます。

PhotoShopでgifアニメーションを作る_2

facebook等でも画面を移動することなくクリックで再生できるGIFアニメーションが最近流行っているのかたくさん流れてきますので、皆様も是非お試しください。

私はこれから引き続きBlenderでモデリングの練習をします。最後に2016年の元旦に作成したモデリング初めの作品を。吐きそうだったのでモチベーションを上げるため、大好きなMr.DarcyをモデルにBBCで有名なシーンを再現してみました。わかる方だけお楽しみください。

では、今年もよろしくお願いいたします。

Mr.Darcy in the pond by Blender3DCG

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です