iMac 27インチ Quad-Core i7 を買ってみた

パース制作がよりスムーズに行えるよう、iMac27インチのカスタムモデルを購入しました。2007年にMacBook Proを買ってからこれで3台目です。今回は新製品のタイミングではないのですが、一気にまとまった数のCGを制作することが重なったこともあり「スペックに納得がいくもの」ということを前提に、現行iMacのハイエンドモデルを選びました。ちなみにスペックは以下。

プロセッサ 2.93GHz Intel クアッドコア i7プロセッサ
キャッシュ 8MB共有L3キャッシュ
メモリ 8GB
ハードドライブ 1TBシリアルATA1; 7200 rpm
光学式ドライブ 8倍速(2層記録時は4倍速)スロットローディング方式SuperDrive(DVD±R DL/DVD±RW/CD-RW)
ディスプレイ 27インチ(対角)16:9クリアワイドスクリーンTFTアクティブマトリックスLEDバックライトディスプレイ、2,560 x 1,440ピクセル、約1,670万色表示、IPSテクノロジー
ビデオ iSightカメラ内蔵、Mini DisplayPort出力
グラフィックス ATI Radeon HD 5750(1GB GDDR5メモリ)
FireWire FireWire 800 ポート×1(7W)
USB USB 2.0ポート×4
SD Card SDXCカードスロット
オーディオ 17W高効率アンプ内蔵ステレオスピーカー×2、マイクロフォン、ヘッドフォン出力/光デジタルオーディオ出力、オーディオライン入力/光デジタルオーディオ入力
Ethernet 内蔵10/100/1000 BASE-T(ギガビット)
ワイヤレス AirMac Extreme Wi-Fiワイヤレスネットワーク2、Bluetooth 2.1+EDR(Enhanced Data Rate)
付属品 Apple Keyboard (テンキー付き – US) 、Magic Mouse
サイズおよび重量 高さ: 51.7 cm
幅: 65.0 cm
奥行き: 20.7 cm
重量: 13.8 kg 3

で、使った感じはというと、私の使っているソフトが未だフリーのものが多く、そのほとんどが32ビット版。レンダリング中にあれこれ作業しても、全コア使っているようなMAXなパツパツ感をまだ経験していない、といったところです。今使っている21.5インチiMacでも落ちたり固まったりしたことは一度もないのですが、いったいどこまでサクサクなのか、その限界が想像できません。21.5インチと比較すると同じシーンのレンダリングを同時にはじめると、Core2Duoで1時間20分かかるところ、Quad coreだと1時間で終了します。メモリも倍なので純粋な比較にはなりませんが、スピード感はそんなところです。
ちなみにショップで見るとさほどではないのに、自宅でみると巨大な感じがします。21.5インチと並べるとこんな感じ。

何ならコタツより幅がでかい。テレビよりもでかい。威圧感すらあります。で、Apple製品を買い足したらとりあえずアップルストアごっこもします。

製品が足りなかったので箱も置いてみました。そしてキーボードはコマンド入力の際使いやすいようにテンキー付きUSキーボードを選択、以前から欲しかったTrackpadも付属してみました。

私はファッションやネイルにお金をかけない分、PCやそれに準ずるモバイル端末に命をかける傾向があります。ただ消えてなくならない分自分への投資にもなります。「道具は仕事する」です。これで仕事も頑張れます。

コメント

  1. henco575 より:

    @collinskwm2a こんな感じです→ http://t.co/wqSC4Uk

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です